平松愛理は離婚したけれど今元気?

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。現在はネスレのテーマソングLa la smile を曲担当し、ラジオ番組のレギュラーもライブもこなし、 精力的に活動している。

恋人募集中といっちゃうほどお ちゃめな状態

管理人

管理人の意見

1994年に清水信之氏と結婚し、2005年に離婚しました。 現在の平松愛理の3大イメージ、乳がん、離婚、臭い。 どれもあまりいいものではありませんね。 このイメージを変える為にも、敢えて、この3つの記事を書いているのですが、 今は、ぶっちゃけあたし、ばついち、といえちゃうほど過去を清算しています。 新しいいい人はどうだろうな。そこそこ美人なんでモテるとは思いますが、 再婚の話は聴いていません。

離婚の原因は

刺客

教育上の違い

管理人がファンとして、平松愛理のライブを観戦する中、一度だけ、清水信之氏を 見たことがあります。2004年の復帰ライブ。品川のグローリアチャペル会場でライブ です。ライブのサポートメンバーとして、清水信之氏はいました。 そこでは、マイクがあるのに、わざと聞こえないように横でぼそぼそダジャレいっていて 平松さんはそれに突っ込んでました。 あと、最近ですが、清水信之氏があるラジオに出演していて、ちょっと拝聴させていただきましたが スタイルがかなりべらんめいなイメージでした。 このページを見に来た方は、どんな理由で離婚したのか一番知りたいと思っていると思いますが 私にはわかりません。 ただ、べらんめいと繊細な人が一緒になったということは事実で。 相性としてはどうだったかなと思うことはあります。

曲 ’貝殻の破片’ ’20年目の手紙’ ’シングルマザー’

香水

正直な人

平松愛理さんは実は正直な人です。それが歌詞にでてしまいます。 2004年に出したアルバム’秋の虹’から’貝殻の破片’ メディアではそこまで気づく人はいませんでしたが、 貝殻の破片は予兆ともとれる歌詞であったことは事実です。 平松愛理の元々、失恋の曲が多く、自分から見切りをつける歌詞は数少ないです。 アイスモナカ’は見切りをつける歌詞ですが、それはパートナーが浮気しているのを 見た状況の歌詞で。’貝殻の破片’はそれに当たらない。 20年目の手紙’は、ここはあまり言いたくないが、歌詞が一部、修正された箇所がある。 というのを考えると・・といったところです。 まあ、あまり勧めませんが、どうしても深追いしたいなら3曲聴いてみてください。 実はファンはそれをわかってて黙っています。それがファンです。

物が捨てられない人

ハート

断捨離

平松愛理という人はものが捨てられない人です。これは昔からです。 なので離婚ということに関してですが、かなり元パートナーの共有物が 長い間捨てられなかったろうと推測されます。 もう、このことに関して書くのは心苦しいので、この辺で。

現在は断捨離してすっきり状態

お客様4

元気

現在はやっとすっきりされたと思います。 昨年の夏のファンミーティングで、結婚式の時のテレカをいただきました。 平松さんは、私は要りません。といっていたので。 過去を清算したと思います。 しかしながら、その話は2017年です。 離婚して12年が経過して、やっと清算できた状態ですので これを検索して読まれた方、平松愛理の心中をお察しください。 宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ