平松愛理の元旦那はどんな人?

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。現在はネスレのテーマソングLa la smile を曲担当し、ラジオ番組のレギュラーもライブもこなし、 精力的に活動している。

清水信之氏、著名な編曲家です。

管理人

編曲家

かなり著名な編曲家です。 90年代、2000年代の大ヒット曲の編曲に携わっています。 大きいところでは、 平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」「戻れない道」等からはじまり 稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」 EPO「う、ふ、ふ、ふ」 SMAP「KANSHAして」「セロリ」 竹内まりや「不思議なピーチパイ」 NOKKKO「人魚」 西脇唯「7月の雨なら」 つまり、アーチストの看板曲を作ってきた、大物編曲家であります。

平松愛理が感じた元旦那の印象

刺客

最悪

平松愛理が初めて元旦那にあった時の印象は 最悪だったと平松愛理さんはラジオで言っていました。 出逢いは、共通の友人の結婚式で。 まあ、本当の詳細はわかりませんが、平松さんの話によれば 清水さんは初対面の平松さんに対して、言いたい放題だったみたいで。 平松さんが祝福に新郎新婦に向けて歌を歌おうとしたら モチ曲でやんの。とかいわれたりしたそうで かなり腹が立ったとのことです。が、 縁というものは面白いもので、結婚に至るということです。 1994年結婚時点では、平松さんのが旦那さんのことを 海のような空のような人と表現していました。

管理人が感じた音楽の特徴

香水

べらんめい

清水信之さんのアレンジは非常に特徴があり、 私も作曲しますが、影響をうけてます。 バラードは壮大で、いろんな楽器でアレンジし、 アップテンポな曲は、ブラス音で「じゃじゃ、じゃ、じゃじゃ」 とリズムを乗らすアレンジが多くみられます。 特に90年代はブラス音で乗るリズムが多かったので、 そのアレンジがヒットしていたということになります。 現在清水氏のアレンジが変わったかはわかりません。 とかく、清水信之氏が平松愛理楽曲を 編曲していた曲はそういう特徴があります

そして現在の平松愛理と元旦那は

ハート

80年代アーティストと共にいる

管理人はファンとして約20年平松愛理を見てきていますが、 元旦那が離婚後、イベントに公に出席したところ を見たことがありませんし、姿を見たことがありません。 平松さんが元旦那さんについて言及したこともないです。 なので、いいきることはできませんが、接点は薄いことが予想されます。 プライベート面については私は書くつもりがありません。

ページの先頭へ